いらっしゃいませ

点字のことなら

点字製作工房 吉田工芸


(よしだ こーげい)

点字案内板・点字手摺など、点字製作のことなら豊富な製作経験と実績ある吉田工芸へ

当社は目の不自由な方にとって大切な点字触知図・案内板・手摺などの製作とその普及を目標として
高い意識と独自の技術により、高品質な点字製品を製作しております。(製法特許)

社会のニーズにより点字案内板が必要になったときは、是非、私共にご相談ください。速やかに対応させていただきます。

当社の納入実績は沖縄から北海道まで全国にございます。点字のご依頼にエリア限定はありませんので全国からのお問い合わせをお待ちしております。
例えば、当社は入間市の会社ですが、都内はもちろんのこと、神奈川県エリアの点字納入実績も多くございます。

現在、多くの公共交通機関の点字案内板、点字運賃表、手すり用点字案内などの製造に携わっております。

エレベーター用の後付け点字階数表示や、既設の階段などの手すりに貼る点字案内シートは最も得意とするところです。ご相談ください。

水分に脆く屋外設置には不向きなUV点字製品も、当社では独自の特殊製法により耐候性・耐水性・耐久性を高めた製品をご提供可能です。屋外設置用の案内板をUV仕様で製作したい場合など、ご相談ください。

ウェブサイトは極力簡素にしてございますが、点字はしっかりと良い製品をご提供させて頂きます。何卒宜しくお願い申し上げます。

担当:工場長 吉田 直樹

電話 04-2934-4681

FAX 04-2934-4682 メール office@yoshidaco.com

メールでのご注意:zip圧縮などファイルが添付された無記名メールは迷惑メールフィルターにかかってしまい当社に届きません。
メール送信したのに当社から返事がないというお客様はお電話ください。

お知らせ 製作データの注意点 点字とは 当社実績 当社の点字のこだわり その他製造 連絡方法

お知らせ(ご依頼時の注意点も含め)

営業日
休業予定日
納期について
見積依頼について
発注書について
暗号化されたPDFでの商談となります
点訳の校正・監修について
JIS規格から大きく外れた点字表記は承れないことがございます
一度製作したことがある製品の再ご依頼・お取引の窓口

(スクロールダウンしてもご覧になれます。)

 点字の製作に必要なファイルについては製作データの注意点をご参照ください 
営業日(公表)

 毎週月曜〜金曜日 8:30〜17:00

休業予定日

 一般カレンダー通りの土日祝日休業です。
 また夏期休業は8月11日〜17日を予定しております。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

 休業中は当社だけで工程を完了できる仕事であれば休みを返上して対応することも可能です。しかし外注(※)を要する工程の場合は休み明けからの作業となることもあります。
※ 例:エッチング製品、インクジェット製品、製版工程が必要な製品(シルクプリント製品、UV樹脂点字製品)、材料調達を要する製品、校正・点字監修を要する製品など

上に戻る
納期について
 納期は製品によって異なりますが、通常、受注後10日〜2週間程度が平均です。

 急用でお困りの際にはできるかぎり対応しますので営業日中にご相談ください。

上に戻る
見積依頼について
 見積については次の2つのいずれかを提出させていただきます。

A.概算見積
B.正式な見積

 詳しい表示内容や取付位置・必要枚数などが不明な場合や、プラン未決定段階での見積依頼の場合、まずお話を伺った上でわかる範囲での「概算見積」を提出させていただきます。それは正式な決定見積ではなく大雑把な目安とお考えください。
 実際はほとんどのお客様においてまずは「概算見積」をお渡しすることが多いです。その後、プラン決定や詳しい商談を経て製作可能な情報が揃った段階で、必要であれば改めて再見積を提出いたします。最終提出した再見積を「正式な見積」としております。
 点字製品を扱うのがはじめてというお客様に対していきなりポンと見積だけをお渡しすることはございません(ご希望されない限り)。ご一緒に何度か商談し仕様を煮詰めたうえで見積を決めてまいりますのでご安心のうえご依頼ください。

 当社の点字製作はワンオフに近い作業となります。流行の言葉で言うとオンデマンドですので、仕様や内容などにより、見積価格は変化します。例えば取付位置や、点字の数、点字の工法によってもコストは異なり見積が違ってきます。特に次の条件で見積額は大きく変わってまいりますのでご注意ください。

1.点字で表記する具体内容データは支給いただけるか、あるいは当社製作か
2.点字以外の版下データは支給いただけるか、あるいは当社製作か(参照:製作データの注意点
3.それらのデータは校正の済んだものを支給いただけるか、あるいは当社で校正か
4.第三機関(例:日本点字図書館)による監修証明書は必要か、あるいは不要か
5.製作数やサイズなどの仕様変更

上に戻る
発注書について
 ご発注いただける場合は、発注書という形で下記いずれかのお返事をいただきたく存じます。

 ・ 御社の発注書を発行してください。
 ・ メールの返信で発注なされる旨を明記してお知らせください。
 ・ 提出PDFをプリントし、発注なされる旨をご署名と共に明記してFAX返送ください。

 上記いずれの方法でもかまいません。書面として残ればよいので形式は問いません。
 ご商談の末に正式発注を頂く際に発行してくだされば結構です。
 発注書をもって工場での製作を開始させていただきます。

上に戻る
暗号化されたPDFでの商談となります
 当社で作成した書類は、発注書を賜るまでは暗号化されたPDFでの提出とさせて頂いております。普通のPDFと同じく閲覧およびプリントは問題なくできますが、もしも編集・加工目的で開こうとするとパスワードを求められるファイルです。発注書を賜りますとそれ以後は(ご希望の場合に限り)暗号化されていない普通のPDFあるいはイラストレータデータを提出することができます。

 もしも、発注書発行以前にイラストレータでのファイル提出をご希望の場合はご相談ください。ただしその場合、万一ご発注をキャンセルされますと版下代等データ製作費を請求させて頂きますので、そこだけご注意ください。

上に戻る
点訳の校正・監修について
 社会に表示する点字製品の製作に際しては、点訳の正誤について責任ある立場の方による校正を受ける必要があると考えます。
 しかしながら当社の立場では校正・監修をする責任は持ち合わせていないと思っております。
 通常であれば、依頼主様による校正を受けてからの製作開始となります。
 監修までを含めた校正や監修証明書が必要であれば、まず日本点字図書館(下記リンク参照)など点字の正誤の基準を判断できる第三者機関へご相談いただき、製作する品の点訳あるいは監修を受けてからのご発注をお勧めいたしております。
 もちろん、ご発注後に当社から日本点字図書館へ校正・監修を依頼し製作を進めることもできます。その場合、校正料もしくは監修料が別途かかります。

 詳しくはご相談ください。

 なお、製作後・設置後の監修は受け付けてもらえませんのでご注意ください。

 監修するか否かについてはお客様が決定することです。当社には強要権はありません。監修しなかったことによる何か問題があったら場合は、監修不要と決定した方の責任になります。

上に戻る
JIS規格から大きく外れた点字表記は承れないことがございます
 点字にはJIS規格が定められています。現在の点字製品はできるかぎりJIS規格準拠であるべきと考えます。

 JIS規格を外れた点字製品のご依頼に関しては、JIS準拠になるよう修正案をご提案させていただく場合がございます。

「べつにJIS準拠でなくて構わない」
「JIS準拠ではないが今まで製作してきたこの図面通りに」
「クライアントがこれでイイと言ってるから、了承とったから…」
などというご依頼もよく頂きます。しかたなくJIS規格から外れたご指示通りそのまま製作することもございますが、点字本来の設置意義を考慮しどうしても納得できないケースもしばしばございます。
 もしもJIS規格からあまりに大きく外れた点字表記である場合は、当社では承れないケースもございますので、何卒ご了承ください。

 とはいえ、一方的に頑固オヤジみたいなことを申しているのではありません。点字のルールやJIS知識についてはご存知ない方が大変多いので、JIS規格を無視して取り付けた後で目の不自由な方の利用者または団体からクレームをもらうことになりませぬよう、適切なアドバイスができればと思っております。そのためのお互いの話し合いをしっかりもちたいと思います。

上に戻る
当社で一度でも製作実績がある製品の補修ご依頼・お取引の窓口
 お客様にとって初めての物件が、実は当社にとっては過去に製作したことのある物件の再製作であることがあります。特に破損品の補修のためのご依頼の場合には、初回設置時と補修時の受注業者様が必ずしも同じであるとは限りらない為よくあることであります。当社では過去実績の版下データなどを可能な限り保管しておりますので、配色や形状などそれまで設置されていた品と同じ仕様での再製作が可能です。ご相談ください。
 ただし物件によっては諸事情により当社が直接承って取引することができないケースも希にあります(例:鉄道の手すり点字の補修用再製作など)。その際は営業窓口となる企業をご紹介および仲介させていただくことで対応させていただく場合がございます。何卒宜しくお願い申し上げます。(窓口企業は下記リンク参照)
上に戻る

LINKS

当社製品ご依頼の窓口企業

株式会社エクシオテック(ソリューション事業本部営業部福祉グループへ)

【お知らせ】こちらに掲載しておりましたエヌエスアドバンテック株式会社は2014年に福祉事業から撤退した為ご依頼できなくなりました。

【お知らせ】こちらに掲載しておりましたアイ・フェア有限会社は2012年夏に閉業した為連絡をとることができなくなりました。なお、アイ・フェアの業務については、当社が承継を済ませております。以前アイ・フェアで納入したことのある物件についてはほとんど当社で製作した物ばかりですので、 当社で同一仕様での再製作が可能な場合が多いと思います。どうぞご相談ください。アイ・フェアが閉業したことによるご不便ご迷惑のかからないよう、 お客様が従来と変わらぬ業務で平常通りお取引できますように、勤めさせて頂きたいと思います。

点字関連組織(監修証明書発行など)
社会福祉法人 日本点字図書館
点字以外の事業
吉田コーゲイ(保険機能食品/栄養補助食品等販売)

お知らせ 製作データの注意点 点字とは 当社実績 当社の点字のこだわり その他製造 連絡方法

このサイト内の全コンテンツならびに全画像の無断使用を禁じます。

Copyright (C) 2001-2017 YOSHIDA-KOUGEI CO. All Rights Reserved.
mail to: office@yoshidaco.com
http://www.yoshidaco.com/works/index.html